肝嚢胞を撃退!基礎的な肝嚢胞の概要等

肝嚢胞があっても、普通のものですと
症状はみられません。
ですので、超音波検査などをした際に
見つけられることがおおい肝嚢胞なんです。
ほとんどの、肝嚢胞は
突然巨大化したり、出血したりということはありません。
なので、肝嚢胞が発見されても
経過の観察をして異常がないかを確かめることがほとんどです。
この肝嚢胞は、女性で50歳以上の方がよく見られます。
今回は、肝嚢胞について詳しくまとめてみました。

 

○肝嚢胞
肝嚢胞は、
肝臓中に、嚢胞ができてしまった状態のことです。
(丸い水分がたまった状態を嚢胞という)
嚢胞は、巨大化してしまうと
おなかに圧迫感を感じたり、
時には、破裂、出血、感染したりしてしまいます。
ですので、嚢胞が巨大な場合は
治療をしたりすることがあります。
その他の場合は、CT、MRI検査などを
定期的にする場合が多いです。

 

ですが、肝嚢胞が巨大化していったり、癌化したりすることはないです。
そのため、肝嚢胞は病気という意識は低いのが現状です。

 

肝嚢胞は、8cm以上にもなってくる巨大なものになると、
お腹に圧迫障害や、肝機能の障害がおこったり、
合併症(出血、破裂、感染)などの症状がでてくることがあります。
そのため、巨大な肝嚢胞は治療をする場合がほとんどです。
以前の肝嚢胞の治療は
外科的切除の治療法をとっていましたが、
今では、体の負担を減らす為に、
細い針で、嚢胞の中にある液体を取り除き、
エタノールなどの液体をいれ、嚢胞の内皮を固定し、
水泡ができないようにします。

 

ですが、通常の嚢胞ではなく、
多房性や隆多房性起成分がある非定型的な嚢胞の場合は、
肝嚢胞ではなく、胞性腫瘍や転移性悪性腫瘍などの病気の場合もあります。
これらの場合は、精密検査を行います。
通常の肝嚢胞ですと、定期的に検査をし経過観察の場合がほとんどです。

 

○肝嚢胞 原因?
では、肝嚢胞になる原因とは…?
肝嚢胞は先天性の場合がほとんどです。
外傷性、腫瘍性、炎症性胃、時に寄生虫性などの原因があります。
また、肝嚢胞はまれに
すい臓、肝臓、卵巣に転移してしまう場合もあるのです。
転移してしまうと、
腎障害、内臓障害などを起こしてしまいます。
これらは、注意が必要です。

 

肝嚢法は、良性と悪性があるんです。

 

○肝嚢胞 診断 検査
肝嚢法は、
検診だけでは、
寄生虫からの感染、転移性などのたくさんの原因から、
何が原因なのか見分けるのは、きわめて難しいです。
ですので、超音波検査で何が原因で肝嚢胞になっているか
調べます。

 

一昔前は、超音波検査などで肝嚢胞が見つけられる頻度は、
3から15%ほどでしたが、
現在肝嚢胞の患者さんが増えている傾向にあります。

 

 

→総ビリルビンを下げる方法まとめサイトはこちら

更新履歴